借地権を相続放棄する方法

こんにちは 借地権プロフェッショナルです。相続の問題の中でも不動産というのは手続きが面倒であったり必要書類が多かったりと手間がかかります。特に借地権の相続放棄といった問題はどうしたらいいのかわからない人も多いのではないでしょうか。

借地権の相続放棄をするためには

借地権というのは土地を借りる権利があるわけですが、当然使用料を地主に払わなければならない義務があります。土地は借地だけどそこに建っている建物は亡くなった人のものといった場合、その建物を相続する場合は当然借地権も一緒に相続することになります。
では相続を放棄した場合は借地権はどうなるのでしょうか。
通常の場合では借地権を放棄する場合には、原状回復をする義務があるので上に建っている建物は取り壊して更地にする必要があります。
ただ相続で相続放棄をする場合には、個人の財産についてすべてを放棄することになりますので、原状回復をする義務は発生せず、次の相続人にその責任が移ることになります。
トラブルにならないようにするためには、相続放棄をしたことをきちんと書面にして残しておくとよいでしょう。借地権は家庭裁判所に「相続放棄申述書」を提出すれば相続放棄できます。「相続放棄申述書」の提出先は、被相続人(亡くなった方)が最後に住んでいた住所地の家庭裁判所になります。「相続放棄申述書」には、相続放棄する相続人の戸籍謄本、亡くなった人の全部事項証明書、改製原戸籍の謄本、住民票除票の添付が必要です。
気をつけなくてはいけないのは、相続放棄は全ての財産を放棄しなくてはいけないことです。プラスの財産についても放棄しなくてはいけません。よって、借地権だけの相続放棄はできません。また、相続放棄には期限があり、相続の開始があったことを知った時から3か月以内に手続をしなければいけません。なお、一度放棄した後の撤回もできません。

借地権など土地に関する権利についてわからないことがあったり、トラブルを防ぎたいのであれば専門家に相談するとスムーズに解決することができます。相談は無料なので問い合わせてみてはどうでしょうか。